三協インタナショナル株式会社 > 製品案内 > 回転機用計測システム > 翼振動計測

製品一覧

翼振動計測システム
BVMシステムBVMシステム

翼振動計測
システム概要

フード
Hood Tech

航空機エンジン、ターボチャージャー発電用タービンのブレードの振動、チップクリアランスをリアルタイムでモニタリングします。光ファイバー変位計、渦電流変位計等の非接触のセンサを使用し独自のソフトで、円周方向のブレードの振動、ストール検知、クラック検出等の診断も行ないます。

[ PDF ]

Optsensorレンズなし光ファイバセンサ
レンズなし
センサー

フード
Hood Tech

スタンダード:センサスタンドオフ最大10mm
SDLP:非平衡型二重光線プローブ

温度制限:
高温用ファイバ 〜650℃
空冷式 〜1100℃

[ PDF ]

 

<No Image>

 

光ファイバセンサ
レンズあり

センサー

フード
Hood Tech
より長い距離の測定が可能なロングショットセンサ。
数メートルの距離から回転翼振動モニタリングを実施することができます。

[ PDF ]

渦電流センサ渦電流センサ

センサー

フード
Hood Tech

ガスタービン、蒸気タービンでの使用が可能。 Time-of-arrivalの測定や、校正されていないTip-clearanceの測定に使用されます。

[ PDF ]

BVMシステム渦電流プリアンプ
BV-IND
プリアンプ

フード
Hood Tech

Hood Tech社製渦電流センサ(またはBNC入力を経由する第三者センサ)と一緒に使用されます。

チャンネル数:3ch

[ PDF ]

BVMシステム光学式プリアンプ
BV-OP
プリアンプ

フード
Hood Tech

Hood Tech社製 光プローブと一緒に使用されます。

チャンネル数:3ch

モデル8030Model8030
データ収集装置
(キャビネット)


フード
Hood Tech

タイミング分解能: 800MHz,12.5ns〜4um at 340m/s rim speed
データストリーミング:〜1.5Mblades/sec
最大チャンネル数:30

[ PDF ]

 

 

BVMシステム

 

Acquire Blade Data

ソフトウェア

フード
Hood Tech

非接触回転翼端タイミングセンサのデータを取得するために使用されるソフトウェアです。各センサの調整パラメータとトリガーパラメータの閲覧、変更などが可能。
<リアルタイム表示>
・RPM
・センサ状態 
・汎用の同期性、非同期生の振幅
・仮定応答オーダによる演習方向のフーリエフィット
・同期キャンペルダイアグラム
・非同期性イベント発生時のすべてのブレードのFFT     ...など

[ PDF ]

BVMシステム

Analyze Blade Data

ソフトウェア

フード
Hood Tech
非接触回転翼端センサで収集されたデータを分析するために使用されるソフトウェアです。
<機能>
・センサ位置の決定
・複数ロータと翼弦関係のセンサ位置をサポート
・稼働RPM履歴のクイックビュー
・同期性オーダ決定による同期性、非同期性のクイックビュー(相対)
・同期性分析

[ PDF ]

 

 

<No Image>

 

BVMシステム

ソフトウェア

フード
Hood Tech

同期共鳴、非同期現象、及び亀裂の存在を示唆するブレードの傾きに関する長期傾向調査を実施するために、Acquire Blade Dataと結合して稼働します。(各アプリケーションごとに若干のカスタマイズが必要です。)

[ PDF ]

>>上へ戻る